ゴミの処理

天井配管

たいていの人は引っ越しのときにごみ処分で苦労します。日常生活で出てくるような燃えるごみの場合は特に困ることはないかと思いますが、大型の家電製品や家具などは捨てるのにも一苦労です。家電リサイクル法によって、パソコンや冷蔵庫などの大型家電の場合は不燃ごみとして出すことはできません。この法律は不法投棄を減らし、粗大ごみの中に含まれている部品を、限りある資源として再利用することを目的に作られました。小売店でごみ処分をする場合は有料にります。しかし型が新しい家電の場合はオークションやリサイクルショップで売れることもあるので、すぐに捨てるのではなく、別の処分方法を検討することも大切です。特にパソコンは無料で引き取ってくれる業者もたくさんあります。

小型の家電の場合は、住んでいる地域にもよりますが、不燃ごみとして出すことが可能なケースあります。大きさや重さが一定基準以内であれば、不燃ごみになります。不燃ごみとして出せる可能性があるものは、炊飯器、ドライヤー、電気ポット、ラジオやコンポなどの家電です。また布団やソファーなどの大型家具の場合は、コンビニなどで粗大ごみシールを購入し、業者に引き取りに着てもらうように連絡をします。家具のごみ処分は元々が質のいい高級なものでない限り、高く売れることは少ないです。それ以上にオークションなどで売れたとしても、配送料が高くなってしまうケースもあるので気をつけなくてはなりません。裁断して細かく出来れば燃えるごみとして出すことも可能です。ごみ処分に苦労しないよう、不要なものの購入は避けるのが良いでしょう。