毎日の家事

安全第一

家事代行サービスが手軽に利用できるサービスになっている。私の妻は、正社員で働いているので、週2回程度家事代行サービスを利用している。現在の家事代行サービスでは、指示書を作って指示通りに、掃除や買い物をしてもらう事もできる。また、私の家庭のように、週2回等定期的に来てもらう事や単発で来てもらう事、家事代行をしてくれた人で気にいった場合は、その人を指名する事ができる。女性の社会で働く機会が増え、これからも家事代行サービスの需要は増えていく事が予想される。私の家庭では、週2回風呂、トイレをはじめマンション全体の掃除をしてもらって、毎月3万円弱である。家事代行してもらうおかげで、妻も休日はゆっくり自分の時間を作る事ができ、家族にとって欠かすことのできないサービスになっている。

高齢者の家事代行サービスの需要も多いと思う。一人暮らしの高齢者の部屋を掃除したりや買い物に行けない高齢者の代わりに買い物に行ったり、高齢化社会にとって家事代行サービスは欠かす事ができない。また、女性の社会で働く機会が増え、企業も福利厚生に家事代行サービスを取り入れ、女性の仕事を応援すべきである。例えば、残業で保育所に子供のお迎えに行けない社員の代わりに、家事代行に依頼できれば、女性にとって、職場環境の改善に繋がると思う。家庭と仕事の両立は、女性にとって、体力が必要な事と思う。帰って少しゆっくりしたいと思った時、料理を作ってもらえる福利厚生メニューがあれば、女性にとっては非常に役立つサービスであり、結果的に会社全体にとっていい循環をもたらすと思う。